トップページ > 事業紹介 > 電子加工品事業 > 3元めっきの技術紹介

3元めっきの技術紹介

技術紹介

~SnAgCu(錫-銀-銅)3元合金めっき~
RoHSの有害物質規制発令以降、鉛フリーめっきとしては合金めっき加工の難しさから、Sn、Sn-Bi、Sn-Cuなどの1元系または2元系合金が好んで多くの企業で採用されています。
しかし、はんだに使用される合金と、めっきに使用される合金が異なることは、実装時のはんだ濡れ不良や長期的な接合信頼性が十分に確保できないという問題を引き起こし、いまだ十分な解決がなされていないのが現状です。

mekki-view
安定な合金めっき技術を独自に開発
独自の合金めっき技術によって、標準の鉛フリー実装はんだと同じSnAgCu(錫-銀-銅)3元合金めっきを低コストでめっき加工することが可能になりました。これにより、既存の鉛フリーめっきでは得られなかった、優れたはんだ濡れ性、長期的な接合信頼性を実現しています。

denshi_20

技術のポイント

denshi_15