トップページ > CSR > 環境保全への取組み(環境報告書) > 化学物質排出の削減と総合的管理

化学物質排出の削減と総合的管理

VOC総排出量
当社では三菱ケミカルグループの理念の下、VOC※ 削減対策を積極的に推進しています。
VOC総排出量は2016年度実績で、2012年度比88%の削減を達成しました。

※VOCは揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称で、塗料、印刷インキ、接着剤、洗浄剤、ガソリン、シンナーなどに含まれるトルエン、キシレン、酢酸エチルなどが代表的な物質です。大気中の光化学反応により、光化学スモッグを引き起こす原因物質の 1つとされています。H18年の改正大気汚染防止法で排出規制対象になりました。

PRTR対象物質総排出量
PRTR対象物質※1 総排出量は2007年度に設備改善を実施し、総排出量を大幅に削減しました。
その後も総排出量は低レベルで推移しています。また、今後ともグリーン調達※2 等により、製品の環境への配慮を推進していきます。

※1 PRTR(Pollutant Release and Transfer Register)とは
  有害性のある多種多様な化学物質が、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか、
  あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握し、集計し、公表する仕組みです。
※2 グリーン調達とは
  生産者が安全で環境負荷の少ない原材料、部品、製品を積極的に購入することです。